風俗嬢の愚痴ブログ

風俗嬢がただただ愚痴を綴っていくブログです。

お店の女の子から借金してた屑社員がとんずらするの巻

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 


暇だ暇だと言われていた時期をなんとか乗り切る事ができたさなかの事件です。

 

 

その日遅番の女の子が待機所の隅っこの方で集まっているわけですよ。しかも皆さん結構深刻そうな顔をしてね。

 

f:id:mikunikki:20191008144930j:plain

 

 

 

あいつマジふざけんな

 


つーかそれって戻ってこないの?

 


証拠とか何か残してない?

 

 


と何やら物騒な話声が聞こえてくるんです。

 

 


「どうしたの?」と近寄ると、なんと遅番で一番売り上げていた女の子が泣いているではないですか!

 


ビックリしました。

 


だって、この子夕方~深夜まで予約入りっぱなしでお店に居る事も少ないのですが、今日はこの待機所に居て、しかも泣いているんです。

 

 


泣くようなタイプじゃないと思っていただけに、衝撃的でした。

 

 

 

なんていうか、いつもニコニコしているし、周囲に気を遣えるタイプでお土産とかそういうのも必ず全員に配るような優しさを持っていて何よりもいつも忙しい!(笑)だけど、ナンバーワンも「いい人ばかりだから」「お客さんのお陰だね」とかナチュラルに家てしまう良い子なんですよ。すごくないですか??

 

 

 

でね、その子が泣いてて。

 

 

 


「あのね」と話してくれた内容に更に驚きました。

 

 

 

なんと、この女の子が入店時から居た平スタッフがこの子(わずらわしいのでAちゃんと呼びます)、から散々借金をしていたというのです。

 

 

 

当然ですが、お店のスタッフ、女の子の間での金銭のやり取りはNGです。

 

 

散々それでトラブルになったそうなので。もちろん、他のお店でもこれはNGにしているはずです。

 

 

 

聞くところによると、貸していた額はなんと180万円!!

 

 


最初は2万円だとか、その日の売り上げの半分を貸していたそうですが段々これがエスカレートしていって最終的には180万円になったそうです。

 

 


一体どういった理由でお金を貸しちゃったのかと聞くと、

 


最初は「母が入院していて、治療費が払えなかった

 


から始まり、最終的には「母の容態が悪化した、入院代も払えず病院を変えることもできない」と終始本当にいるのか存在すら謎の“母親”を引き合いに出してきたそうです。

 

 

 

AちゃんもAちゃんで非常に複雑な家計だったそうで、とくにお母さんだけは優しくしてくれるからといってお母さんに弱い・・・というか、「私のお母さんが病気だったら私も協力しなくちゃと思う」「自分が同じ立場だったら」とAちゃんの聖母のような優しさにつけ込んだ犯行だったのかもしれませんね。

 

 

 

「お金、1円も返ってきてないの?」

 


と聞くと、

 


「最初は1万円とか2万円は返ってきてたんだけど、借りる額が増えてくるとこちらも返してって気軽に言えなくなっちゃって」

 

 


と言い出す始末・・・・

 

 


一体どこまで聖母なのかAちゃんよ・・・・

 

 

 

更に問題なのは、これは最初からNG事項だったので他のスタッフどころかチーフにも社長にも言えないということです。

 

 


過去に同じような事があった時、(金額はこんなに高くありませんが)、そのスタッフと女の子がクビになってしまった事があるのです。

 

 


Aちゃんは自分がここまで成長できたのも、売上る事が出来たのもすべて今のスタッフとお客さんのお陰だから辞めたくないといって泣いていたのです。

 

 


で、肝心の平社員のそいつですが。

 

 


当然ですが電話もつながらないし、2日前から連絡が取れないとスタッフも騒いでいたのです。

 

 

 

この業界ではスタッフのとんずらも珍しくないので今もう「あいつはいなくなった」という事で処理され、何事もないように営業しているのですが・・・

 


Aちゃんにとっては「えっ!?なんで!?」なのです。

 

 

 

他の女の子はこの話を聞いてしまった以上、どうにかして平社員から180万円をとりかえそう!と怒っています。

 

 


私もこれはさすがに金額が多いので、クビ覚悟で社長に相談した方が良いかもと思いました。

 

 


「辞めたくない・・・・」と泣くAちゃん。

 

 


そろそろお店が混んでくる時間です。

 

 


Aちゃん今日は非番だったのですが、相談相手がお店の女の子しかいなかったので出勤、ではないけどお店に顔を出していたそうです。

 


1人、2人と接客に向かいました。

 

 

 

私は私でま~~~た変な時間からの予約だったのでそれまで動けず(笑)

 

 


「社長に相談するしかないと思うんだけど」と提案してみても、「辞めたくないの・・・」の一点張り。

 

 


連絡先も知らないし、借用書などを書かせた事はなく全て現金でその場でやり取りだったので「貸した」という証拠も無いそうです。

 


なんというか、全て後の祭りになるのですが・・・・貸したという証拠が一切ないのもどうなんだろうと。

 

 


嘘をつくような子ではないので本当に180万円を貸してしまったのだとおもう、だけどその証拠が一切ない・・・・

 

 


正直、私も困ってしまいました。

 

 


当然ですが、一番困っているのはAちゃん本人なのです。そのお金だって最終的には貯金から出していたと言っていましたし。

 

 

 

そうこうしている間に私は予約のお客さんがチェックインしたということでホテルに行く事に。

 

 

 

 


お仕事中も頭の中はその事でいっぱいでした。

 

 

 

120分しっかりサービスをして戻ってくると、Aちゃんはスタッフ部屋で社長と喋っていました。

 

 


どうやら「社長にワケを話す」と決断したみたいで安心しました。

 

 

 


暫くすると待機所に戻ってきて、Aちゃんが「戻ってこないかもって・・・」

 

 


やっぱり・・・。

 

 


一応、今いるスタッフが自宅まで行ってくれているそうですが、しばらくして連絡が入るとなんと引っ越した(というか夜逃げ)の後だったそうです。

 


ですよね・・・・。

 

 


泣き崩れるAちゃん、そのAちゃんを皆なだめる、スタッフは何とかして平スタッフを探す為にあっちこっちせかせか動き回っている、なんというか近年稀に見る地獄絵図でした。

 

 


結局、Aちゃんはお店のルールということでその後退店していく事になってしまったのですが、あとで聞いた話では社長が退職祝いとして何十万か渡してきてくれたそうです。

 

 


それだけ、Aちゃんはお店の為にずっと貢献してくれていた子だったのです。

 

 


私は私でしばらくは「元Aちゃんのお客さん」に何名か着いたのですが、やっぱり皆さんいい人でした。

 

 

Aちゃんが辞めてしまった旨を伝えると非常に悲しそうな顔をしていたのが印象的でした。

 

 


あの日非番でAちゃんが好きだったほかの女の子もみんな残念そうにしていましたし、ビックリしていました。お店の中はしばらくこれで話題騒然でした。

 

 

 

それからAちゃんがどのお店に行ったのか誰もわかりませんが、元気にしてくれてると良いなって本気で思います。

 

 


あれだけ良い子なので、風俗ではない場所で元気にしてくれていると嬉しいけれど。

 

 


それにしても、平スタッフは恐らく碌な死に方しないと思うけどね!!!!